離婚したことを反省するなんて無駄!反省するなら結婚したことを!

離婚したことを反省するなんて無駄!反省するなら結婚したことを!

 

サラリーマン

サラリーマン

俺が離婚したのは○○が原因だよ。もっと△△しておけばこんなことにはならなかったのになぁ・・・

 

っていうやつ・・・

あれ、全部無駄!マジで無駄です!

離婚の反省なんていまさらうじうじしたって何も生みませんし、誰も得しません。

でも、反省するのは大事では?

いや、反省すら不要です。

 

離婚したことを反省している暇があったらその人と結婚したことを反省する方がよっぽど建設的です

 

っていう話をいまからしますね。

 

離婚した原因を語るやつはだいたい自己防衛

離婚した原因を語るやつはだいたい自己防衛

人に話す「離婚した原因」ってだいたい自己防衛に塗り固められています

自分に都合の悪いことはなるべく最小限に話して、自分に都合のいいところをピックアップして、言語化する際に「離婚の原因」を編集するからです。

でも離婚なんて、本当の原因は一つや二つではなく、いろいろなことが絶妙なタイミングで複雑に絡み合った末に起きるもの。

ましてや相手には相手の立場や言い分があって、両者の言い分は往々にして相容れないものだったりします。

 

「離婚の原因は○○です」

 

なんて、はっきりとした物言いができるのはただの反省している風であって、都合よく編集した結果にほかなりません。

それで反省した気になって自分は悲劇のヒーロー・ヒロイン、なんて無意味なことに時間を使ってメッキを作ったところでなんになるのでしょうか?

まったく持って無意味です。

 

離婚は反省しすぎても良くない

離婚は反省しすぎても良くない

もちろん、なかには自己防衛なんてこと考えておらず、まじめに過去の過ちを悔いている人もいるでしょう。

でもそういった本当に自分の行い反省している人って、そもそも根がまじめで離婚する過程で十分反省した人である可能性が高いです。

 

離婚は反省しすぎてもよくありません。

 

起きたことは変えられないんだし、パートナーになりうる相手というのは他にいくらでもいます。

幸せになる権利が失われるような反省ではあってはいけません。

悪かったことは認め、法的に解決しているならあとは自分がそこからどう幸せになるかに時間も労力も費やさなければいつまでたっても引きずりますよ!

 

離婚するような人となぜ結婚したのかを反省する

離婚するような人となぜ結婚したのかを反省する

離婚したことを反省することには否定的ですが、一方で結婚したことを反省するのはいいんじゃないかな、と考えています。

それは以下のような理由からです。

 

結婚の反省は相手の批判・悪口にならない

性格が合わなかった・・・

とか

価値観の不一致で・・・

とか、離婚した原因を話すときって「相手にもその一因がある」っていう前提で反省するのでどうしても自分の都合に偏った解釈をしがちになります。

 

ところが結婚した反省ってなると、

浮かれていた自分

未熟だった自分

ちゃんとした順序を踏まなかった自分

と、反省の方向がより自分に向いて相手の批判になりづらくなります

 

結婚したときってそもそも幸せの絶頂にいたときじゃないですか?

その頃のことを反省するんだからネガティブな思考に陥りづらいし、そもそも婚を決めるくらい愛していた当時のパートナーのことを批判する気にもなりません

批判で終わらないのが「結婚したことを反省する」良いポイントです。

 

次の結婚に向けた前向きな反省になる

離婚の反省をすると、次に結婚したときにまた離婚しないためにはどうすればいいか、という発想になります。

一方で結婚の反省をすると、次はいかにして幸せな結婚をするか、という発想になります。

前者は後ろ向きな反省であるのに対し、後者は前向きな反省であるといえます。

 

付き合っている段階でもっと信頼関係を作らなきゃだめだった

とか

結婚相手を決める上で優先すべきポイントはコッチよりもコッチだ

とか

結婚にいたるまでに確認すべきだったことを冷静に整理できれば、次の結婚を成功させるポイントが明確になります。

いわば過去の自分が反面教師になる状態です。

 

離婚しないためにどうすればいいかなんて、結婚する相手によって変わるんだから今考えたってしょうがないことです。

具体的な相手もいないうちに「離婚しないためには」なんて考えていたら、結婚や恋愛に対するネガティブな感情が膨れるだけなような気もします。

 

幸せな再婚を前提にした反省を

幸せな再婚を前提にした反省を

どうせ反省するなら幸せな再婚を目的にしましょう!

離婚した後に

いや~結婚なんてするもんじゃないわぁ・・・

とか

結局、女(男)なんてさ~

とか、ネガティブな理論武装ばかりして「次」に行かない人というのは、離婚したことを反省しすぎてしまった人なのではないかなぁ、と思います。

もちろん反省することは大切ですが、過去にとらわれているとどうしても自分ではなく相手や環境に大してネガティブな思考が膨らんでしまいます。

それは無意識のうちに自己防衛をしてしまうからです。

 

でも反省というのは次に良い結果を出すためにするものであって、「次」にいけないほどネガティブになってしまっては本末転倒です。

そうならないためにも、反省はし過ぎないようほどほどに、そしてどうせ反省するなら幸福の絶頂点だった「結婚したこと」を反省の対象にして、後ろ向きにならないことが大切です。

離婚

Posted by Ocho-wrl